2018年度 体育各部入部式・表彰式ご報告

5月26日(土)、2018年度 体育各部入部式・表彰式が行われました。

早稲田アスリート宣言

1.私たちは、スポーツの本質を理解し、   競技力の向上を図るとともに、人格の陶冶に努めます。

2.私たちは、早稲田大学の学生および体育各部の部員として誇りと自覚を持ち、学生の範となるよう努めます。

3.私たちは、対戦相手に敬意を表すとともに、競技を支え応援してくださる方々への感謝の気持ちをもち、競技活動に努めます。

4.私たちは、早稲田スポーツを通して地域との交流をはじめ、社会との連携に努めます。

5.私たちは、早稲田スポーツを介した国際交流を通じて、グローバルな視野を養うよう努めます。

6.私たちは、早稲田スポーツの経験を通じ、社会に貢献するような有為な人材となるよう努めます。

代表学生のリードで、会場の参加者全員で、この早稲田アスリート宣言を唱和してこの式典が開催されました。

その後、競技スポーツセンター所長 岩井方男氏の式辞、稲門体育会会長 河野洋平氏の祝辞と続き、2017年度の各表彰と続きました。

当部からは3年次の優秀学業成績個人賞を現在4年の人間科学部  村上 健君が獲得されました。

式典後は、場所を変えて、稲門体育会の役員の方々、監督、コーチ、表彰された学生で、懇親会が開かれました。

その後は、清水橋川公園から大隈講堂前まで、新入部員によるパレードが行われました。

当部からは新入部員8名が参加しました。

近隣の住民の方々からの暖かい声援を受け、パレードは盛大に行われました。

当部の新入部員8名もこの式典に参加し、早稲田アスリートプログラムの趣旨を理解し、学生生活を有意義に過ごしてくれると確信しております。

今後とも現役の支援をよろしくお願い申し上げます。

23期 篠原秀人

写真はクリックすると多少拡大してご覧になれます。

   
   

カテゴリー: 02.稲門体育会・校友会関連 パーマリンク